1. TOP
  2. スーパーフード
  3. ダイエットに効果!?ライスミルクの味や栄養、効能、作り方・飲み方について

ダイエットに効果!?ライスミルクの味や栄養、効能、作り方・飲み方について

あなたは「ライスミルク」を知っていますか?

日本では、まだ聞き慣れないかもしれませんね。

実はこのライスミルク、海外ではダイエット効果や美容効果が高いと言われ、有名セレブ達も愛用している一品なんです。

では、そんなライスミルクとは、一体どんなものなのでしょうか?

今回は、ライスミルクの味や栄養、効果・効能から、作り方や飲み方まで説明します。

キッコーマンやコストコなど、人気のライスミルクについても紹介します。

ぜひ、購入する際の参考にしてみてください。

Sponsored Link

ライスミルクとは?味や栄養、糖質について

ライスミルクとは

そもそも、ライスミルクとは何なのでしょうか?

日本では、あまり広く伝わっていないため、どんなものなのか想像がつかない方もいるかも知れませんね。

ライスミルクとは、白米や玄米などのお米を原料に製造したミルクのことを指します。

牛乳が飲めない方や豆乳の味が苦手な方でも飲めるミルクです。

日本では馴染みが薄いですが、欧米では「第3のミルク」とも呼ばれているほど、普及しています。

ライスミルクの味

見た目は牛乳とあまり変わりませんが、味は牛乳よりもあっさりとしていて、お米特有の甘みがあります。

豆乳は無調整だと飲みにくさを感じる方が多いですが、その点においてライスミルクであれば牛乳アレルギーなどの牛乳が飲めない方でも美味しく飲むことができます。

ライスミルクの栄養価

豆乳は、大豆を絞ることで製造します。

それに対し、ライスミルクはお米に水分を加えて混ぜ合わせて製造します。

絞らずに製造することによって、かすが出ることがなく、お米が持つ本来の栄養素を余すことなく含むことができるんです。

よって、お米が持つ栄養素そのものが、ライスミルクが持つ栄養素となります。

主に、

  • ビタミン類(ビタミンB1、B2、B12、ビタミンE)
  • ミネラル類(カリウム、マグネシウム、カルシウム)
  • 食物繊維

などを豊富に含みます。

なお、ライスミルクそのものは白米でも製造することができますが、栄養素の面では玄米で製造したライスミルクの方が栄養価は高いです。

しかし、牛乳と比べると、タンパク質とカルシウムが少ないので、他のものでこれらの栄養を補ってくださいね。

ライスミルクの糖質

ライスミルクは、炭水化物のお米から作られるということで、糖質が気になりませんか?

ライスミルクは、冷たい状態で飲みます。

お米は冷めると、食物繊維の1種である「レジスタントスターチ」という難消化性でんぷん(消化しにくいデンプン)が増えます。

レジスタントスターチは、大腸まで届くのでエネルギーになりにくく、整腸作用があるので、糖質はそんなに気にしなくて大丈夫です。

ライスミルクの効果・効能

ライスミルクの効果・効能

では、そんなライスミルクには、一体どんな効果があるのでしょうか?

ダイエット効果

一番注目されているのは、やはりダイエット効果です。

ダイエット中は、飲み物や食べ物にとても気を遣いますよね。

食べないわけにはいかないので、何を食べるかがとても重要になってきます。

十分な栄養を補給しつつダイエットをする、これはとても難しいことです。

牛乳は栄養が豊富ですが脂肪分が高く、ダイエット中は摂取しにくい食品の一つです。

ライスミルクなら低脂肪で、同じ量でも、カロリーも牛乳の半分ほどのカロリーで済みます。

玄米には、ビタミンB1やビタミンB2が含まれていますが、そのビタミンB1やビタミンB2には脂肪の分解や代謝を促進する働きがあります。

さらに玄米には食欲抑制効果もあり、ダイエット中の方に最も適した飲み物なのです。

デトックス効果

ライスミルクは、毒素を排出するデトックス効果もあります。

身体には、余分な塩分や毒素が溜まりやすいです。

身体に溜まった余分な塩分は、身体がむくむ原因の一つでもあります。

ライスミルクに含まれているカリウムには、身体に蓄積した余分な塩分を排出する働きがあります。

そして玄米には「フィチン酸」という物質も含まれていて、このフィチン酸は体内の毒素と結合して排出するといったデトックス効果があるんです。

デトックスはアンチエイジングや美肌にもつながります。

このように、美容面において大きな効果を発揮するんです。

自家製ライスミルクの作り方

ライスミルクの作り方
出典:https://cookpad.com/recipe/2260306

ライスミルクは自宅で作れるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ライスミルクは、お米さえあれば自宅にある材料を使用して作れます。

ただし時間がかかるため、作る際は、時間がある時の方がいいですよ。

ライスミルクの材料

材料(1L)

玄米(もしくは白米)︰1合の1/4合

水︰1L

塩︰小さじ1/8杯

作り方

(1)玄米(もしくは白米)を水に浸します。

夏であれば2日~3日、冬であれば5日~6日程度を目安に浸すといいでしょう。

朝と夕方、1日に2回はお米を浸している水を交換します。

 

(2)玄米(もしくは白米)の水をよく切ります。

ミキサーで水1Lと塩をよく混ぜて塩を溶け合わせます。

塩が溶け合わさったらお米を加え、お米の形が残らなくなるまで再度混ぜ合わせます。

 

(3)鍋に入れて、ヘラでかき混ぜながら、しっかり火を通します。

できたら、なべの底を氷水につけるなどして冷まし、早めに冷蔵庫に入れて冷やします。

2日以内(夏は1日以内)に飲み切るようにします。

食中毒の危険性もあるので、早めに飲むことをおすすめします。

 

ライスミルクは特別な技術は何も必要としません。

ただし、お米を浸すのに数日かかります。

お米は、作る日の数日前から浸しておきましょう。

ライスミルクの飲み方やレシピ

ライスミルクは、何も加えずにそのままでも飲むことができますが、好みに合わせて砂糖や蜂蜜などを加えても美味しく飲むことができます。

その他にも、お菓子や料理、牛乳の代用品としても使用できます。

では、ライスミルクには一体どんなレシピがあるのかを見ていきましょう。

香ばしライスミルク 自家製

こちらは、粉末玄米から作るライスミルクのレシピになります。

粉末玄米から本格的に作ることができます。

自家製玄米粉のレシピ

自家製玄米粉のレシピ

材料 (1カップ分)

玄米:1カップ

  1. 鉄のフライパンなどに玄米を入れる。
  2. 弱火にして30分ほど混ぜながらじっくり炒る。
  3. 初めはベージュ色で、だんだんときつね色になってきてプチプチとはじけてきます。ほぼすべての玄米が白くはじけたら出来上がり。
  4. 完全に冷めてから密閉容器に入れます。または、ミルサーやマジブレで粉状にしてから密閉容器に入れておくとさらに便利です。

出典:https://cookpad.com/recipe/1459661

 

ライスミルクのレシピ

ライスミルクのレシピ

材料(200ml)

自家製粉末玄米︰大さじ2杯

水︰200ml

材料をミキサーで混ぜるだけです。

温めると玄米スープにもなるため、お好みで野菜や調味料を加えると美味しくなります。

出典︰https://cookpad.com/recipe/3146722

 

ライスミルクスムージー2種

ライスミルクスムージー2種

こちらは、市販品のライスミルクを用いて作るスムージーです。

見た目もかわいい、グリーンスムージーとピンクスムージー。

スムージーにすることによって栄養価をさらに向上させ、忙しい朝などにも手軽に飲めます。

材料(各100ml)

(グリーンスムージー)

小松菜︰ひとつかみ

林檎︰1/4個

バナナ︰1/2本

レモン汁︰少々

福光屋「プレミアム ライスミルク」︰100ml

 

(ピンクスムージー)

苺(大粒)︰4粒

バナナ︰1/2本

レモン汁︰少々

福光屋「プレミアム ライスミルク」︰100ml

 

ライスミルクは福光屋の「プレミアム ライスミルク」を使用します。

  1. すべての材料をざく切りにして、グリーンスムージーの材料とピンクスムージーの材料を別々にミキサーにセットします。
  2. グリーンスムージーの方は下からライスミルク、林檎、小松菜、バナナ、レモン汁の順になるようにセットします。
  3. ピンクスムージーの方は下からライスミルク、苺バナナ、レモン汁の順でセットします。
  4. それぞれをミキサーにかけて完成です。

出典︰https://cookpad.com/recipe/4501358

人気のライスミルク

では、市販品には、どんなライスミルクがあるのでしょうか?

人気の高い市販のライスミルクをいくつか紹介します。

旭酒造「獺祭 ライスミルク」

獺祭 ライスミルク

旭酒造のライスミルクは添加物や甘味料を一切使用せず、国産のお米を使用しています。

お米は山田錦を使用し、山田錦の米粉を糖化することで製造しています。

そのまま飲むだけでなく、料理やお菓子にも使用できます。

125mlの18本セットは税込2,322円、125mlの30本セットは3,870円、10L缶は税込7,560円となります。

旭酒造公式サイト

福光屋「プレミアム ライスミルク」

石川県産の契約栽培米を使用しています。

甘味料は使用しておらず、お米本来の甘味が引き立っています。

まろやかだけどさらりとした飲みやすいライスミルクです。

冷やしても温めても、または常温でも美味しく飲むことができます。

200mlで税込216円、500mlで税込540円、1Lの6本セットで3,240円となります。

福光屋 ONLINE SHOP

キッコーマン「玄米でつくったライスミルク」

キッコーマンのライスミルクは玄米をまるごと使用しています。

それにより、白米にはない栄養素も補給することができます。

お米本来の甘味と玄米の香ばしさ、なめらかな飲みごたえが特徴です。

キッコーマン 公式サイト

コストコで買えるライスミルク

コストコでは、さまざまな数多くのスーパーフードを取り扱っています。

コストコで販売されているライスミルクは、カークランドのオーガニックライスミルク。

無添加でお米のほのかな甘味が目立ち、あっさりとした味わいです。

コストコでは、946mlの12本セットは2,000円前後となります。

 

通販でライスミルクを購入したい方は、以下から探してください。

アマゾンでライスミルクを探す

楽天でライスミルクを探す

まとめ

いかがでしたか?

ライスミルクはその豊富な栄養で、ダイエット効果をはじめとした様々な効能をもたらしてくれます。

味もあっさりとしているものが多く、比較的飲みやすい傾向にあります。

時間はかかりますが作り方が簡単で、自宅でも作れるのも大きな利点です。

そのまま飲むのも良し、スムージーにするも良し、料理やお菓子を作る際に牛乳の代用品として使用するも良し、ライスミルクを使用してパンを作っても美味しいそうで飲み方もさまざまです。

ライスミルクはまだあまり広く知られておらず、欧米に比べて入手しにくい傾向にあります。

ただ市販のライスミルクがないわけではなく、キッコーマンの商品やコストコではライスミルクを取り扱っています。

機会があれば、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

スーパーフードに興味がある方は、下の記事もオススメです!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ハピモノ 無添加・オーガニック&トレンドでイイモノ選びの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハピモノ 無添加・オーガニック&トレンドでイイモノ選びの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

あなたにおすすめの最新記事

  • サラシアとは?効果効能や副作用、おすすめサプリランキングを紹介

  • 酵素玄米(発酵玄米)とは?効果効能や炊き方、レトルトや炊飯器を紹介

  • 米ぬか美容の美肌効果とは?おすすめ化粧水や洗顔化粧品、アレルギーの心配は?

  • マツエクのメイク落とし方は?人気のおすすめクレンジング市販&通販