1. TOP
  2. 美容
  3. フェノキシエタノールとは?エタノールの違い、安全性、パラベンより危険?

フェノキシエタノールとは?エタノールの違い、安全性、パラベンより危険?

美容  
フェノキシエタノールとは安全性や危険性、パラベンやエタノールとの違い

あなたは、化粧品の防腐剤「フェノキシエタノール」をご存知ですか?

パラベンより安全性が高いと注目されています。

ただ、これは本当に安全なのでしょうか?

今回は、フェノキシエタノールとエタノール、フェノキシエタノールとパラベンの違いについて、アレルギーなどの安全性や赤ちゃんへの使用についても説明します。

Sponsored Link

フェノキシエタノールとは?

フェノキシエタノールとは

玉露や緑茶などに存在する天然成分の一つで、化粧品に菌などが繁殖しないように「防腐剤」として使用されています。

少ない容量でも腐敗を防止して殺菌することができ、天然由来の成分であるため、高い安心感で支持されています。

パラベンフリーやパラベン不使用と表示されている化粧品に多く使われています。

最近では、無添加化粧品やオーガニック化粧品に、よく配合されている成分です。

フェノキシエタノールとエタノールの違い

フェノキシエタノールとエタノールの違い

一般的なエタノールというのは、エチルアルコールのことを指します。

フェノキシエタノールも化学式で表すと水素基を持つため、エタノールという名前がつくんです。

一般的にアルコールやエタノールと呼ばれるものはエチルアルコールのことで、フェノキシエタノールとはまったくの別物です。

 

エタノールは、肌に刺激を与えます。

と言っても普通肌の人であれば、何の影響も受けない程度の刺激です。

ただ、敏感肌など肌が弱い方は、刺激を受けやすい傾向にあるため注意が必要です。

 

そしてフェノキシエタノールですが、そもそもエタノールとは分子構造もまったく違います。

よって、エタノールが肌に与えるような特殊な刺激は、フェノキシエタノールにはありません

アルコールフリーと記載されていてフェノキシエタノールが配合されていたとしても、特に問題はないため安心してくださいね。

化粧品に配合されるフェノキシエタノールとパラベン

フェノキシエタノールとパラベン

では、パラベンとフェノキシエタノール、どちらがいいのでしょうか?

天然界に存在する成分であるフェノキシエタノールは安全だと思われがちですが、実際はそうでもありません。

パラベンよりも殺菌力が劣るので、フェノキシエタノールのみで使用する場合は量が多くなりがちです。

そのため、フェノキシエタノールは、パラベンなど他の防腐剤と併用して使用することが多いんです。

パラベンと併用することで、多くの種類の菌に対応するという使い方もあります。

フェノキシエタノールは、他の防腐剤などの成分と併用して使われる為、フェノキシエタノールに危険性がないとは言い切れないんですね。

パラベンと比較すると同じ濃度の場合は刺激が少ないですが、フェノキシエタノールは殺菌力が弱いためパラベンより多く使われる事が多いので、危険性はパラベンと同等程度とされています。

しかし、最近の技術では、フェノキシエタノールの濃度を低くして配合できるようになっているようです。

 

パラベンの危険性について知りたい方は、下の記事もおすすめです。

肌荒れは大丈夫?フェノキシエタノールの安全性

フェノキシエタノールの安全性

無添加化粧品やオーガニック化粧品に配合されているフェノキシエタノールですが、肌荒れは大丈夫なのか心配ですよね。

刺激が少ないとされている無添加化粧品やオーガニック化粧品に使用されているので、基本的には肌荒れが起きにくいと言えます。

しかし、肌の状態や敏感肌などの肌質によっては、肌荒れを起こすこともあります。

肌荒れが気になる方は、パッチテストなどをしてから使用するようにしましょう。

 

フェノキシエタノールの原液は殺菌力が強いため、配合量に規制を設けられています。

規制を設けられているということは、当然規制をしなければならない危険な成分であるということです。

フェノキシエタノールは、使い方によっては頭痛や咳を引き起こすとされています。

また、喘息を持っている方が使用すると、発作が起きる可能性があります。

しかし、化粧品などに配合されているフェノキシエタノールの量は少量なので、化粧品の使用時にこのようなケースが起こる可能性は低いでしょう。

フェノキシエタノールにアレルギーはある?

フェノキシエタノールにアレルギー

フェノキシエタノールを使用すると、皮膚の赤みや発疹などの症状が起こることがあります。

これらが体調やストレスが原因であれば、原因が解消されれば治ります。

それでも治らない場合は、化学物質過敏症かもしれません。

もし、かぶれてしまった場合は、皮膚科などの専門医に診てもらいましょう。

フェノキシエタノールの赤ちゃんへの危険性は?

赤ちゃんのフェノキシエタノールの危険性

近年では、フェノキシエタノールが配合されたベビーローションなども増えています。

ただ、元は配合量に規制を設けなければいけないほどの成分です。

普通に使用している分には何の影響もないかもしれませんが、過度に使用すると赤ちゃんの肌へ影響を及ぼす可能性があります。

ベビーローションを選ぶ際はフェノキシエタノールが配合されていないものを選ぶ、もしくは配合量の少ないものを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

同じ防腐剤であるフェノキシエタノールとパラベン、安全性を見てみても一概にどちらがいいとは言いにくいですね。

フェノキシエタノールにはエタノールと名前がついていますが、一般的に言われるエタノールやアルコールとはまったく別の成分であるため心配はありません。

敏感肌の方は肌荒れの心配があるので、パッチテストをしてから化粧品などを使用するようにしましょう。

 

オーガニックに興味がある方は、下の記事もおすすめです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ハピモノ 無添加・オーガニック&トレンドでイイモノ選びの注目記事を受け取ろう

フェノキシエタノールとは安全性や危険性、パラベンやエタノールとの違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハピモノ 無添加・オーガニック&トレンドでイイモノ選びの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • 甘味料キシリトールに危険性?!下痢の副作用、ガムの虫歯予防効果はある?

  • 腸内フローラを整える!痩せ菌の増やし方、食べ物改善、サプリを紹介

  • 加熱OK?リコピンの効果は?トマト以外の野菜や食べ物、摂取量について

  • 睡眠に効果あり!テアニンとは?副作用や効能、多く含む食品や飲み物

関連記事

  • どんな意味?エモリエント効果とは?エモリエント剤の種類、保湿との違い

  • コーヒーに含まれる食品添加物「シリコーン樹脂」危険性や毒性は?

  • プラセンタエキスとは?効果や副作用、化粧品原液・サプリ・注射まとめ

  • 発がんの危険性?酸化防止剤(BHT/BHA/チャ抽出物/カテキン)害や効果について

  • 化粧水に含まれるビタミンC誘導体とは?効果、美容液・原液・APPSについて

  • 食品添加物の過酸化水素とは?かずのこの漂白剤の危険性、表示について